忍者ブログ
同人制作の過程を日記に記す
| Admin | Write | Comment |
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
フリーエリア
最新コメント
[10/14 清水]
[10/13 清水]
[08/26 NONAME]
[08/18 NONAME]
[08/16 NONAME]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
愛良
HP:
性別:
非公開
職業:
ぐらふぃっかー
バーコード
ブログ内検索

directdrawは、スッペクが低いPCだと軽い?ようだけど
スペックが高いPCだと重くなるようなので
このプログラム方法はそろそろ限界かなぁと思いまして
来年からはプログラム方法を変更する事を検討中。

で、超超基本部分のプログラムをしてみた。

#include "hgimg3.as"
    screen 0,800,600
    hgini
 
    ://キャラ
    texload2 "cha.png"
    texID1=stat
    ://背景
    texload "bg.bmp"
    texID2=stat
*main
    hgdraw 

    //背景
    gmode 0,800,600
    pos 400,300
    hgrotate texID2,0,0,0,800,600

    //キャラ
    gmode 3,512,512,255;//////////コレにすると、αチャンネル使える!
    pos 400,300
    hgrotate texID1,0,0,0,512,512
 
    hgsync 20 ;//適当
    goto *main



・まずはウィンドウを作る!
・キャラや背景をテスクチャとして登録する!
 登録先は今までと違って指定できないので、stat に
 返された変数を記憶する必要があるようだ。
(2の乗数じゃないとパソコンによってはエラー?
 今まではいい加減だった)
・テクスチャ登録した画像からお目当ての画像を指定して
 画像のどの部分を使うか指定する。
(今までと違って描画座標が画像の中心になるので注意)
(hgdrawと hgsync の間に記述する必要がある)

この描画方法だと、アルファチャンネルつきのPNGが使えるって
書いてあったんだけど、どうしても出来ないので一旦は諦めたんだけど
半透明も問題なく出来るか確認した時、ジャギーがとれたんで
もしやと、半透明のブレンド値を256にしたらだめだった。
が、255にしたら出来た!けど、255は肉眼では分からないほど
だけど、半透明なんだよね。256が半透明なし。
ただ、PCによっては変な描画されないか不安ではある。

上記さえ出来れば、あとはプログラムセンスでゲームが出来る。
他はifとrepeatさえわかればおkさ。
何故かというと、パソコンの性能があがっているから!

PR
この記事にコメントする
NAME:
TITLE:
MAIL:
URL:
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS: 管理人のみ表示
≪ Back  │HOME│  Next ≫

[165] [164] [163] [162] [161] [160] [159] [158] [157] [156] [155]

Copyright c 格闘ゲーム制作日記。。All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog / Template by カキゴオリ☆ / Material By Atelier Black/White
忍者ブログ [PR]